ガン緩和ケアは、ガンと診断された時からガン治療と並行して受けることができます。
  • ガン緩和ケアがよくわかる!

ガン緩和ケアを知ってください

ガンは日本の国民病と言われるほどです。

ンは、一生涯のうち国民の二人にひとりは罹るといわれる程の国民病です。日本の医療技術の発達により全ガンの60%は助かる疾病になってきています。ガンはもはや「死の病」ではありません。

在のガン治療に加えて、ここ数年「緩和ケア治療」が行われるようになってきました。あまりなじみのない「緩和ケア治療」ですが、早期からガン治療とともに緩和ケア治療を受けた患者さんの生存期間が長くなったという論文も発表されています。国は「緩和ケア治療の推進」をしっかりとサポートしています。

palliative-care-018和ケアの大事なポイントは「ガンと診断された時からガンの治療と並行して緩和ケア治療を受けましょう」ということです。そして「緩和ケア」は痛みなどの治療だけでなく、患者さんの心、生活を取りまく仕事や経済的な問題をも含めて対処するのです。

のサイトは緩和ケアの普及を目的に、医療側からだけでなく、患者さんの視線にたって情報を発信しています。ぜひ、しっかりと読んでいただきお役にたてていただけることを心から願っています。インターネットなどのデバイスを扱えない方達もたくさんいるかもしれません。ぜひ、そのような方達にも情報を教えてあげてください。情報を共有して「ガン」に立ち向かいましょう。

緩和ケアの例を紹介

実際に緩和ケアが患者さんにとって、どのような効果をもたらすのかをわかりやすく数例を紹介します。緩和ケアはいろいろな種の専門家が関わり、患者さんをサポートします。詳しくはこちらから。「緩和ケアの「誰が、いつ、何を、どこで、いくら?」

緩和ケアで仕事ができています

 

緩和ケアでリハビリを受けています

casec

 

緩和ケアで疼痛治療をして快適です

 

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © ガン緩和ケアが良くわかる! All Rights Reserved.